CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
愛知万博工事進む

 5月26日、父は仕事関係者らと前日の浜名湖花博に続き、愛知万博の会場を視察した。
 愛知万博(愛・地球博)は、日本で開催される2回目の万国博覧会で、1970年の大阪万博以来35年ぶり。会期は2005年3月25日から9月25日までの185日間。工事は順調に進んでおり、約50%の完成度だそうだ。会場となる名古屋東部の丘陵には、豊かな里山の自然が残されており、森の中に出現した街といった印象だ。特に瀬戸会場では、天然記念物「オオタカ」の巣が発見された事から会場面積が大幅に縮小され、全体の会場面積は大阪万博の約2分の1となった。また、会場予定地に生息していた樹木は、現在別の場所に移植されており、博覧会終了後に元に場所に戻されるそうである。
 写真の中心に見えるのが、愛知博の特徴「グローバル・ループ」と呼ばれる一周約2.6kmの空中回廊、左奥に見えるのが博覧会のシンボルパビリオン「グローバル・ハウス」だ。
 なお、目標入場者数は1,800万人で、すでに700万枚の前売り券が、販売されたそうである。
| 旅行・観光 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(4) |
浜名湖花博へ行く

 5月25日、父は仕事関係の視察旅行で浜名湖花博会場を訪れた。
 浜名湖花博は、国際園芸博覧会で、日本では1990年の大阪、2000年の淡路に続く3回目で、10月11日まで静岡県の浜名湖畔で開催中である。
 2時間足らずの視察時間だったため、一部の施設しか見ることができなかったが、全体としては「良く出来た会場」という印象だった。特に前回の淡路花博で不評だった「階段の多さと休憩場所の少なさ」については見事に克服されていた。会場内は園芸博という性格上年配の方が多く、車椅子の方も多数見受けられたが、バリアフリー設計の施設がそろっており安心してまわることができる。
 反面小さい子供が遊べる施設は、メインゲート近くに小さな遊園地があるだけ・・・なので、お子様連れで計画されている方は公式ホームページなどで再検討してほしい。また、マイカー駐車場はいずれも会場から離れた場所にあり、シャトルバスに乗り換えて会場に行く方式になっている。
| 旅行・観光 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
あうくだの父甲子園に行く

 5月1日あうくだの父は、仕事の関係で甲子園球場の阪神vsヤクルト戦を見に行った。
 午後2時からのデーゲーム。甲子園おだやかに晴れて野球日和だった。
 ヤクルトが川島、阪神が藪の先発で始まる。両投手とも好投しなかなか打線が繋がらない投手戦となった。阪神が2回に阪神檜山、5回にキンケードのソロホームランで2点を挙げ、2対1で辛くも勝利した。
 同席した島根県のお客様は、阪神ファンの方ばかりだったので大喜び!ビッグスタジアムでの観戦を満喫されたようだった。

キンケードのソロホームランムービーはムービーサイトに掲載中
| 旅行・観光 | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
おおたきいっか宝塚へ行く

 2月14日いっかは取材もかねて宝塚へ行った。まずは宝塚ガーデンフィールズへ、ここは宝塚ファミリーランド跡地の一部に2003年9月にオープンした施設だ。英国風のナチュラル庭園「シーズンズ」とペットパーク「DOGRUN-DO」ショップ、喫茶、中華レストランがある。
 駐車場横の植え込みでねこの親子(あうくだの母は言い切った)を発見!付近に住む野良と思われるが、人慣れしていて、あうくださんが近づいても逃げようとしない。二匹とも春を思わせる陽だまりの中、気持ちよさそうに箱すわりしていた。親ネコはすこし「ブーネコ」だったが、子ネコ(写真)はつうぴいに似た柄でかわいい(ただし大きさはかなり小さい)。あうくださんは、しきりに「にゃーにゃー」とネコ語で話しかけ、それを見た父は、わざわざ宝塚まで来たかいがあったとよろこんだ。
 「シーズンズ」(写真)に入場、ここはファミリーランド時代からあるの大温室を中心に、英国風の庭園と池が広がり緑が美しい・・・かと思ったが、あいにく冬場で草木もまだ育っておらず、土ばかり目立つ風景が広がっていた。いっかは「前にはここにジェットコースターが走っていて池に突っ込みそうなぐらい急降下して・・・」と思い出話に花が咲いた。それでもあうくださん休憩所にはゆったりとしたふかふかソファーにご機嫌であつた!
 ともあれ、園内のカフェやファミリーランド時代からある手塚治虫記念館にも入って、のんびりし時を過ごすことできた。
 しかしこの後、天気が急変して雨が降り出したため、「DOGRUN-DO」への入場は中止して帰路につくことになり、取材の続きはまた次回ということになった。

| 旅行・観光 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
おおたきいっか冬の奈良へ行く

いっか冬の旅行は奈良への初詣をかねた1泊旅行となった。
 1月3日、一行は12時ごろ奈良に到着。今夜の宿、猿沢ノ池近くの魚佐旅館に車を預け、昼食は近くの「平宗」(ひらそう)さんへ。ここは柿の葉寿司の老舗だ。柿の葉寿司とは鯖や鱒の押寿司を塩漬けにした柿の葉で巻いたもので、奈良の名産品。ちなみに葉っぱは食べない。いっかがこの店を訪れるのは2回目で前回は6年前、まだ幼かったあうくださんは店内を走り回ってちょうど取材にきていたテレビ番組のスタッフのお兄さんに激突したことも思い出された。
 食事の後一行は初詣で賑わう春日大社へ。広い参道にはたくさんの露店が出ており、あうくださんはキャラクター焼をおいしそうにほうばった。また、道すがら多くの鹿もおり、しかせんべいを提供して親交を深めた。しかさんたちがあんまりおいしそうにせんべいを食べるので、あうくださんと父も試食!だが残念ながら人間の口に合うものではなかった。
 このあと東大寺二月堂、大仏殿を見学し宿へ。名産の豚なべの夕食をとった。
 翌日は近くの繁華街でお買い物タイム!一行はファッションの店や100円ショップ、お菓子屋、ダイエーなどをめぐった後、帰路についた。この時買った保温調理なべは、非常に重宝しておりあうくだの母の料理レパートリーが増え、母は自慢げである。
| 旅行・観光 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |