CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
クラス会開かれる

 5月15日、父の卒業した中学校のクラス会が、大阪市西区の料理店「ころころ亭桃夢」で開催された。帝塚山学院中学校は父が通っていたころ男女別学級で、現在の本校校舎の北側に男子部という別棟の校舎があった。しかも、父の学年で男子は一クラスだけだったので、クラス替えもなく中村先生が3年間連続して担任をつとめられた。
 出席者は中村先生と同窓生18名。卒業以来25年ぶりに顔ぶれもあった。
 挨拶のなかで、中村先生は「6年前に学校を定年退職して以来、家業の寺院運営のかたわら浮世絵の研究をしています。定年後は時間がたっぷりあってのんびりできる・・・などという人もいますが、私の場合は現在三冊目の本を著筆中でもっと時間がほしいと思う毎日です」と述べられた。
 中学時代と変わっていない者、街ですれ違っても分からないほど変わった者もいたが、
ひと時中学時代にもどって、思い出話に花が咲いた。
 同窓生も社会的に非常に忙しいで、なかなか集まりにくい状況ではあるが、またの再開をちかいあって解散した。
 また、出席者からは、当時の「大瀧新聞」をもう一度読みたい・・・との意見が多数寄せられたため、本紙でもPDA化するなどして、掲載できないものかと検討中である。

| 家族・親族・友人 | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
鈴(スズ)ドッグカフェに行く
 5月16日、おおたきいっかはスズを連れて近くのドッグカフェに出かけた。カフェはスズを購入したペットショップ内にあり、ペット連れでの入店OK!ただしその名の通り犬を連れてのお客がほとんどで、猫連れはおおたきいっかだけであった。
 テーブル席の床にはリード用の金具が付いており、食事中ペットをつないでおくことができるようになっている。メニューにも人間用以外に犬用のランチ、おやつがあった。
 スズはいっかが食事をしている間、隣の席のワンちゃんと親交を深めていた。この後スズはあうくださんを引っ張って店内を探索!購入した時の店員さんにもあいさつ!「まあスズちゃんてつけてもらったの良かったわねえ」となでられた。「このこ噛み癖があったので・・・」とも、店員さんは、売れないかと思って心配していた様子だった。実際、購入前にあうくだの母は噛まれて出血したし。購入後あうくださんや父も噛まれている。その場の勢いで購入してしまったが、どうしたものかと悩むいっかであった。
 この店が気に入ったあうくださんと父は、翌週23日にもお茶しに行き、たくさんの犬や販売中の猫とも親交を深めた。

スズちゃんのムービーはムービーサイトに掲載中
| 家族・親族・友人 | 20:13 | comments(0) | trackbacks(1) |
スズちゃん初の行方不明事件発生する

 5月4日午後6時過ぎスズちゃんの姿が見えなくなるというハプニングが発生した。
 外やベランダの戸は閉まっているので、外へ出て行った形跡はない。
 家具などの隙間に入って動けなくなっているかもしれないため、家中を捜索することになった。
 父はリビングのサイドテーブルの隙間、あうくださんは廊下の物入れの中を捜索開始。母はスズちゃんの名前を呼びながら途方に暮れていた。
 探すこと10分、リビングの米びつ付近から「ニャ―」と声が聞こえた。父はその裏にスズちゃんがはさまっているかもしれないと思い、米びつを手前に移動。あうくださんが裏側を捜索したが、スズちゃんの姿は見えなかった。
 するとまた「ニャ―」の声が!どうもその中にいるらしい!米びつの扉を開けるが姿はない。そこで米の取り出し口(写真)のカップをはずすとついにスズちゃんを発見!救出に成功した。
 母が夕食準備のため米を取り出している僅かな合間に入ったらしい。取り出し口は奥行きがあってカップを元にもどしてもスズちゃんが入れる隙間が残っていたため、母も気が付かなかったものと思われる。
| 家族・親族・友人 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スズちゃん初めてのお留守番

 5月1日・2日の両日、スズちゃんはおおたきいっかにやってきて初めての長時間お留守番をする事になった。
 まず、室内のドアを閉めてスズちゃんの行動範囲を餌場やトイレのある洗面所とお遊びスペースの内廊下に限定。廊下には、スズちゃんの匂いが付いていると思われる座布団、あうくだの母のジーパン、ペットキャリー、ドンペンぬいぐるみ、そしてあうくださんが自作した猫用ダンボールハウスが置かれた。
 両日とも10時間近くのお留守番だったが、スズちゃんは留守中あばれた様子もなく、いっかが帰宅した際にはちゃんと座布団の上にのっていた。
 どうやら活発に走り回っているのは、家族がいる時だけのようだ。
 Y獣医師の話によると、子猫も新しい家に来たときは、家の人に気に入られようと精一杯努力するのだそうだ。スズちゃんが走り回るのも努力!?でも、もう少し静かにしてほしいものである。

スズちゃんのムービーはムービーサイトに掲載中
| 家族・親族・友人 | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スズちゃん初めてのお医者さんに行く
 おおたきいっかにやってきた晩より、スズちゃんの時折出るくしゃみと目やにを気づかったあうくだの母は1日、獣医さんにつれて行くことにした。
 あうくださんがスズちゃんの入った真新しいバスケット型のペットキャリーを提げ、徒歩10分ほどのY獣医科医院へと向かった。
 ここはつうちゃんがかかりつけだった医院で、1週間前には危篤状態のつうちゃんを診てもらったばかり。先生は内心あきれていたのかなぞの笑みを浮かべていたそうだ。
 先生にねこの種類を聞かれた母は「ショップではベンガルと書いてました」と答えた。しかしスズちゃんの柄からして、先生はアメリカンショートヘアーの雑種だと思われたようだった。
 ともあれ、鼻炎用の粉薬と目薬を出してもらって帰宅。当の本人はいたって元気、家中走り回っている。
| 家族・親族・友人 | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>